村上 剛志

 現役時は、受験した大学(国立前・後期 滋賀大学 私立大 同志社・立命館)すべてに落ち、合格を一つも得られずに終わりました。しかし、1年後には慶應義塾大学商学部に合格することができました。ではなぜ僕が合格することができたのかについて2つの要因を述べたいと思います。
 1つ目は、ここ大学受験予備校シャトルを選んだことです。シャトルは、県外の大手予備校とは違い、先生と生徒の距離が近く、質問や添削依頼を気兼ねなくでき、効率よく自分の勉強を進めることができるところが大きな利点だと思います。また、担任の先生が割り当てられ、自分の進捗度を客観的に分析してもらえるので自分に何が足りないかを見つけることができるのも利点であると思います。ただ注意してほしいことは、何も考えず闇雲に授業を取ることです。僕の周りにも授業を受けることだけに必死で自分の時間をうまく作れず、思うように成績を上げれない人がいました。実際に僕は最初の2、3ヶ月程度は授業に参加しましたが、その後はほとんど授業を取っておらず、そのかわりに担任の先生に個別で指導してもらっていました。
 2つ目は、担任の村田先生との出会いです。この出会いが僕の合格を実現させた最も大きな要因だったと思います。村田先生の分析力と知識量無くして合格はなかったと思っているからです。僕は浪人を決めた時に、神戸大学を第一志望として考えていました。しかし、日々の個別指導により成績が上がっていく中で、第1志望を変更し、夏頃から慶應義塾大学を目指すことを決めました。夏以降からはさらに成績が上昇し、11月に受けた河合塾 神大オープン模試では全国5位という成績を残すことができました。それからは毎週慶應義塾大学の過去問を本番と同じ形式で受けれるように先生に解答用紙を作っていただいたり、採点や添削指導していただいたりして、より本番に近い状態で練習を積みながらペース配分や解答の精度を上げていくことができました。最初は合格最低点ギリギリラインの点数でしたが、毎回弱点を見つけてもらい、その部分を重点的にやっていくことで徐々に点数が上がっていきました。12月中には過去問で合格最低点の+50点以上を安定して取ることができるようになりました。直前期の1、2月は過去問を重点的に復習しました。入試本番ではあまり手応えは良くなかったのですが、過去問で合格最低点より大幅に点数が取れていたので、余裕をもって合格することができたのだと思います。今になって自分が指導を受けたことや勉強内容を思い返してみると、第1志望に向けた受験戦略として一切無駄がなかったように思え、これが合格の鍵となったと痛感しています。
 最後に浪人生に向けて伝えたいことは、指導者や予備校選びを間違えないように自分だけで決めるのではなく、できれば親と一緒に予備校に足を運んで話を聞いて決めるべきであるということです。なぜなら、多くの学生は大手予備校の宣伝や学校の先生の提案する県のサポートセンターへの勧誘などに惑わされて、1年を無駄にしてしまう危険性があるからです。実際、自分も浪人が決まった時は精神的に疲れていて、親に負担をかけたくないという一心で県のサポートセンターに通うつもりでいました。しかし、親に予備校に話だけでも聞きにいってみたらと言われ、実際に話を聞きに行き、ここで勉強したいと思い、大学受験予備校シャトルを選びました。自分1人で決めるのではなく、予備校に足を運び、家で親と話し合って自分の1年を有意義なものにできる場所を決めてもらいたいと思います。