合格した先輩たち

合格した先輩たち

村上 剛志

村上 剛志

[ 慶應義塾大学 商学部 合格 ]

 現役時は、受験した大学(国立前・後期 滋賀大学 私立大 同志社・立命館)すべてに落ち、合格を一つも得られずに終わりました。しかし、1年後には慶應義塾大学商学部に合格することができました。ではなぜ僕が合格することができたのかについて2つの要因を述べたいと思います。

 1つ目は、ここ大学受験予備校シャトルを選んだことです。シャトルは、県外の大手予備校とは違い、先生と生徒の距離が近く、質問や添削依頼を気兼ねなくでき、効率よく自分の勉強を進めることができるところが大きな利点だと思います。また、担任の先生が割り当てられ、自分の進捗度を客観的に分析してもらえるので自分に何が足りないかを見つけることができるのも利点であると思います。ただ注意してほしいことは、何も考えず闇雲に授業を取ることです。僕の周りにも授業を受けることだけに必死で自分の時間をうまく作れず、思うように成績を上げれない人がいました。実際に僕は最初の2、3ヶ月程度は授業に参加しましたが、その後はほとんど授業を取っておらず、そのかわりに担任の先生に個別で指導してもらっていました。

 2つ目は、担任の村田先生との出会いです。この出会いが僕の合格を実現させた最も大きな要因だったと思います。村田先生の分析力と知識量無くして合格はなかったと思っているからです。僕は浪人を決めた時に、神戸大学を第一志望として考えていました。しかし、日々の個別指導により成績が上がっていく中で、第1志望を変更し、夏頃から慶應義塾大学を目指すことを決めました。夏以降からはさらに成績が上昇し、11月に受けた河合塾 神大オープン模試では全国5位という成績を残すことができました。それからは毎週慶應義塾大学の過去問を本番と同じ形式で受けれるように先生に解答用紙を作っていただいたり、採点や添削指導していただいたりして、より本番に近い状態で練習を積みながらペース配分や解答の精度を上げていくことができました。最初は合格最低点ギリギリラインの点数でしたが、毎回弱点を見つけてもらい、その部分を重点的にやっていくことで徐々に点数が上がっていきました。12月中には過去問で合格最低点の+50点以上を安定して取ることができるようになりました。直前期の1、2月は過去問を重点的に復習しました。入試本番ではあまり手応えは良くなかったのですが、過去問で合格最低点より大幅に点数が取れていたので、余裕をもって合格することができたのだと思います。今になって自分が指導を受けたことや勉強内容を思い返してみると、第1志望に向けた受験戦略として一切無駄がなかったように思え、これが合格の鍵となったと痛感しています。

 最後に浪人生に向けて伝えたいことは、指導者や予備校選びを間違えないように自分だけで決めるのではなく、できれば親と一緒に予備校に足を運んで話を聞いて決めるべきであるということです。なぜなら、多くの学生は大手予備校の宣伝や学校の先生の提案する県のサポートセンターへの勧誘などに惑わされて、1年を無駄にしてしまう危険性があるからです。実際、自分も浪人が決まった時は精神的に疲れていて、親に負担をかけたくないという一心で県のサポートセンターに通うつもりでいました。しかし、親に予備校に話だけでも聞きにいってみたらと言われ、実際に話を聞きに行き、ここで勉強したいと思い、大学受験予備校シャトルを選びました。自分1人で決めるのではなく、予備校に足を運び、家で親と話し合って自分の1年を有意義なものにできる場所を決めてもらいたいと思います。

山本 拓海

山本 拓海

[大阪市立大学 経済学部 合格]

 現役時にはセンター試験は543点/900点中で当初の自分的には上々の出来だと思っていました。ただ第一志望よりは1ランク下げ、まぁ何とかなるかと臨んだ富山大学の受験でしたが手応えなくあえなく玉砕。唯一合格したのが偏差値37.5(パスナビ基準)の私立大学でした。不本意な結果でしたが、担任の先生からは進学を強く勧められ、進学すべきか思い悩んでいました。

 「1年間浪人しても成績が伸びる保証はない。」「むしろ成績は下がる可能性もある。」「周りに流されず1年間やりとげるのは難しい。」とネガティブな意見ばかり耳にする中、相談した予備校のとある先生は、「浪人はよくネガティブに捉えられるけど、学歴のステータスを飛躍的にアップさせるチャンスでもあるんだよ。1年間しっかり頑張れば、爆発的に成績は上がる可能性がある。一緒にがんばってみないか?」と言われました。自分はこの先生のもとでやってみたいと思い、親には国公立大学へ進学することを条件に浪人を許してもらいました。

 僕が予備校に入学した当初は自分の弱点もわからず、何をしていいのかすらわからない状態でした。しかし担任の先生が僕の模試の成績をもとにして、弱点を克服するための戦略を練り、1週間単位での目標を明確にした細かい学習スケジュールを組んでくれました。また模試のたびに弱い箇所を毎回分析してもらい、それを克服するための課題を出し、厳しく管理してもらいました。最後にはほぼ弱点分野を克服することができ、センター本番では764.8点/900点中とれました。自己採点では776.8点だったのですが、センターから届いた成績を確認したところ、国語と数学でマークミスがあったようで12点も下がっていました。結果、第一志望の神戸大学の経営学部の合格点にあと1.4点足らず…。

しかし昨年よりは220点以上点数を伸ばすことに成功しまして、後期で第二志望の大阪市立大学の経済学部に合格することができました。これは担任の先生の支えがなければ不可能だったと思います。各教科の先生方も僕が質問した時は納得のいくまで付き合ってくれて、確実に疑問を解決できました。また担任の先生には勉強だけでなく、社会的常識等の人として備える必要がある知識を教えてもらえました。さらにセンター試験や2次試験の直前の緊張した時に力が発揮できるようにメンタルケアをしてくれました。僕はこのシャトルでの一年間で勉強はもちろんですが、それだけでなく人としても成長できました。浪人は人生において脇道と考えている人がいるかも知れませんが(僕も浪人する前はそう考えていた)今では浪人してよかったと心の底から思います。それは学歴のステータスを大幅にアップできたこと、共に苦労し励まし合えた仲間がいたこと、そして素晴らしい先生方に恵まれたことに尽きます。受験はとても一人で乗り越えられるような甘いものではなく、シャトルの先生方のサポートが非常に大きなものでした。この1年は苦しいものになると思いますが頑張ってください。同じ浪人経験者として心より応援しています。

河端 浩希

河端 浩希

[神戸大学 理学部 合格]

 春先浪人することが決まり、高校の時の担任からは県外の大手予備校を勧められました。しかし県外で浪人することに対しての不安もあり、何とか県内で勉強出来る場所が無いかを探し求め、最後にたどり着いたのがここ「シャトル」でした。私がシャトルに決めた一番の理由は、予備校のアットホームな雰囲気が自分の勉強スタイルに合っていると感じたからです。

 このシャトルの授業の一番の特徴は、自分の学力に合わせて「スタンダード」「ハイレベル」の二つの授業を片方、場合によっては両方受けられるところだと思います。私は英語、数学共にハイレベルの授業を主に取っていましたが、高校時代には知ることのなかったより深い本質的な部分や視点を知ることが出来ました。理科に関しては私は物理と化学の授業を受けていましたが、どちらも基礎、基本からじっくりと学ぶことができ、また頻繁に小テストを実施してくれたこともあり、今の自分の理解度がどの程度なのかをしっかり確認することが出来ました。お陰で高校生の時一番苦手であった化学が受験直前期には一番の得意科目になっていました。その他にも学習面に関して様々なアドバイスを受けたり、一年を通して五回に渡り面談をしたりと先生方の手厚いサポートもあり、無事第一志望の大学に合格することが出来ました。シャトルを選んで、自分のこの一年間の浪人生活は非常に有意義なものであったと実感出来ています。

野尻 祐貴

野尻 祐貴

[大阪大学 法学部 合格]

 シャトルの講師や両親をはじめとして様々な方々に支えられて、一年間勉強に打ち込み自分に足りない部分と向き合い続けたことが合格の要因だったと思います。

 シャトルでは講師と生徒の距離が近いので接しやすい上、熱意を持った講師が集まっていました。質問したときは何を聞いてもその場で教えてもらい、英作文の添削をお願いした時にはいつも快く引く受けてもらいました。そのおかげで、日々分からなかった疑問を解決し、自分では気付けなかった間違いを修正することができました。志望校合格のためには、どのように苦手教科・苦手分野の対策をするかというのが最重要課題となりますが、僕は苦手としていた国語の対策として通常の授業に補足して、ブロードバンド(映像授業)を利用することが非常に役に立ちました。前期の間は通常授業と併用して基礎知識や解法を学び、後期は徹底的に演習を行い実力を伸ばしました。ブロードバンドは自分の都合がいい時に好きなだけ取り組めるので時間を有効に使えました。僕自身が予備校を選ぶときに、県外の大手予備校の方が圧倒的によいと知人に言われましたが、シャトルには集中して勉強に打ち込める環境があり、更にあらゆるレベルの志望校に対応できるだけの実力を持つ講師がいるので、生徒の熱意次第で大きく実力を伸ばせる場所だと実感しました。

清水 博之

清水 博之

[大阪医科大学 医学部 進学]
[北里大学 医学部 合格]
[金沢医科大学 医学部 合格]

 この1年を振り返ると、最後までめげずに頑張れたことが、医学部合格につながったと思います。そして「勉強は一人でやるもの!」という思いと「親や予備校の友達、予備校の先生や事務の人の支えがある」という安心感が最後まで自分を勉強に打ち込ませ、大学受験をやり切ることができた要因なのだと感じています。予備校と親のサポート、そしてこの予備校ならではの雰囲気のお陰で、センター試験やセンター試験前後の様々な心配事も自然と和らぎ頑張る事ができました。

 春先当初に、「どこの予備校にしよう?」と悩んでいた時『自分の間違いや足りないものを見つけることが医学部合格には大事だ』と思い、この予備校を選びました。大学受験は勉強の量である程度何とかなると思いますが、いい大学を目指そうとするときに1番大事になってくるのが『ものの考え方』だと思います。そして、その自分の考え方を客観的に見て修正してくれる人の存在が私には必要でした。

 予備校で大学受験に取り組む期間、極めて些細なことでも先生に質問し、その都度自分の問題の捉え方や考え方を修正、確認しました。先生方との距離が近く、質問をしやすかったという環境がそれを可能にしてくれました。また、そのような状況も影響してか家庭内でも両親が今まで言わなかったようなことも話してくれ、家庭でも充実した環境で大学受験に取り組むことが出来ました。

宗京 美由紀

宗京 美由紀

[大阪大学 外国語学部 合格]

 予備校では入学時の自分の学力と志望校を加味してクラス分けが行われるため、自分に必要なレベルの授業を受けることができました。私は英語ではハイレベルクラスを、苦手な数学ではスタンダードクラスを中心にハイレベルクラスも希望制で受講することができました。国語に関しては、授業での疑問はすべて質問して解決し、それ以外にも問題集の問題を解いて先生に添削をして頂きました。講師の先生方は真摯に解説をしてくださったり弱点を指摘してくださったり、とても丁寧に指導してくださいました。努力の甲斐あって秋の模試で自分に必要なレベルに達することができ、勢いに乗って受験に臨むことができました。  自分の成績に焦りを感じたり、本番で失敗するのではないかという不安がよぎることも何度もありましたが、先生や事務の方が励ましてくれたり、合格にむけての具体策を一緒に考えてくれたりと、とても心強かったことを覚えています。  入学前は、都会の大手予備校の方が有利なのかとも考えましたが、今振り返ると、生徒一人ひとりを丁寧に見てくれる地元の予備校のきめ細かなシステムのおかげで合格を勝ち取ることができたのだと思います。

資料請求・お問い合せ

お電話でのお問い合せは

0120-34-3379

24時間受付 / お気軽にご連絡ください。

FAXでのお問い合せは

0776-58-3367

24時間受付 / 改めて担当よりご連絡いたします

資料請求
お問い合せ